使い勝手向上委員会 PStart派 それともPortable Start Menu派

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今では誰もがひとつは持っているであろうUSBメモリ。

私も4本ばかし持っています。

仕様の違いなど、種類も豊富なのですが、正直、今では大容量のモノが1本あれば事が済んでしまいます。

以前は、U3プラットホーム対応製品である、サンディスクの「クルーザーマイクロ」を使っていました。
その理由は、USBを差し込むことで、自動的にランチャーが起動させることができる唯一の製品。
また、昔から使っていた写真管理アプリの「Acdsee」がU3対応として発売されていたことが最大の理由である。

しかし、このU3プラットホーム対応の製品が、ぜんぜん普及してこない。
FireFoxなども、なかなかバージョンアップしないなど、将来的な陰りが見え始めた頃。

それに代わるモノを探していたら、PStartというランチャーにたどり着きました。
それから、しばらくして、Portable Start Menuという同様のアプリがあることが分かり、早速使い勝手について比べてみることに。
PStartは、数年前から存在は知っていましたが、実際に使ってみた感想はというと、非常に使いやすい。

Portable Start Menuも同様の使い方が出来るランチャーとして、Pstartの機能は網羅している。

二つに共通していることは、どちらも英語。
日本語パッチもバージョンによってあったりなかったりなので、両方最新のバージョンを使う場合は、日本語は諦めるしかない。

しかし、両方とも、最初の設定やアプリの登録を行えば、利用する場合、英語は全く気にならない。


項目PStartPSMenu
作者Pegtop SoftwareAignesberger Software GmbH
DL URLhttp://www.pegtop.net/start/http://www.aignes.com/psmenu.htm
インストール難易度普通簡単
アプリ登録簡単簡単
起動・終了終了に難あり問題なし
オートラン作成独自で作成自動で作成
オートランカスタマイズ普通普通

どちらも、設定方法や使い方は同じですが、PStartはある程度カスタマイズが必要なことがあげられます。


PSMenuは、それらの設定がある程度自動で行ってくれる部分はPStartと比べると割と簡単でした。


一番の違いは、終了時のプロセス。


Pstartは、終了時のカスタマイズに必要な「UnplugDrive Portable」の仕様上、USBメモリーを停止するときには、事前にUSBメモリーから実行しているソフトをすべて終了しなくてはならない点が慣れれば問題ないのですが、終了時のプロセスとしてイマイチ。

それに比べて、PSMenuの方は、ランチャーの機能として、全てのアプリを自動的に終了させて停止してくれるので、終了時のプロセスがPStartに比べ、ひとつ少なくなり、ストレスは感じられなくなりました。

終了の際、ランチャーを押すと一番下に、「Close all runninng applications on drive (#:)」と表示されているところを押すことで、自動的に全てのアプリを終了し、USBを抜くことができるようになります。



このように、自分の使いたいアプリを自由に入れられる点は、どちらもクリアしていましたが、以前使用していたU3プラットフォーム対応USBメモリのような起動・終了の使い勝手は、PSMenuに軍配があがるのではないでしょうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 使い勝手向上委員会 PStart派 それともPortable Start Menu派

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://style.customplan.info/system/mt-tb.cgi/58

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック