1 日常の出来事の最近のブログ記事

今年もよろしくお願いいたします。
2009_nenga.jpg
なぜだか、今年の年賀状は評判が良かったなー。
自分的にはイマイチとおもったんだけど。

2008_nenga.jpg
お越し頂きありがとうございます。

ここに来られたということは、年賀状のQRコードからいらっしゃったのですね。

携帯電話に対応したブログを作成してみました。

もちろんPCからも下記のアドレスにてご覧いただけるようになっています。

http://style.customplan.info/

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、生まれてはじめて バリューム を飲む日です。

数年前、胃カメラを飲んだ経験はあるのですが、私の行っている健康診断ではバリュームは35歳以上。

35歳になって、一番最初に思ったことは、「今年からバリュームだー」という切なさと年齢への逃避。

まわりからは、

「ゲップを我慢するのがキツイんだー!」 とか 「機械の上でグルングルン回されて酔っちゃって吐くかもよ!」

など、良い話が一つも無い。

20060910-01.jpg
子供たちは、「マック」や「ケンタ」が食べたいと言っていますが、それを食べたつもりで私のお小遣いの足しにするべく、昼食は自慢のチャーハンです。

 

初めの頃は、中華ナベにくっ付いたり、出来てもベタついて美味しくなかったですが、今では、子供たち評判の料理となりました。

 

簡単ではありますが、忘れないためにまとめておきます。

でも、一番大事なところは教えることは出来ませんのでご了承下さい。

昨日は家族に料理を振る舞った。

料理といっても、「なすび焼き」に「麻婆茄子」という、ナスのフルコースとも言いがたいメニューである。

麻婆茄子を作る時には、いつも以上に神経を研ぎ澄まなくてはならない。

それは、中華は「火加減」と「手早さ」が第一と自分に言い聞かせてるからだ。

 

中華なべに、少し多めの油をひき。

 

茄子 → にんじん → ピーマン → マーボ茄子のもと(笑)

 

を順番に入れていき、強火で一気に炒める。

茄子の水切りが少し早かったのだろう。

手に油が跳ねたようだ。

しかし、神経を研ぎ澄ましている間は熱さなど感じはしない。

 

次の日・・・

タバコを吸わなくなって、もう半年が経とうとしている。

その間いろいろな出来事があり、時にはタバコを吸ったことは無いわけではない。

 

今思えばタバコを吸っていたときは、半分病気のようなものだった気がする。

毎日二箱ぐらい吸っていた時期は、タバコの吸えない場所に行くとイライラしたり、自宅にいてもタバコのストックがないと落ち着かなく、夜中でも買いに行くことがしばしばだった。

また、タバコに対する時代の流れに対して、妙に抵抗感があり禁煙の文字に腹立たしささえ感じていた。

 

今回は「タバコなんて大嫌い」最終回となるのだが、半年の間に「失ったもの」そして「得たもの」が自分の中で整理できたと思うので、紹介して終わりとしたい。

タバコを吸わなくなり2ヶ月が過ぎた。

 

ふと思えば、周りでタバコを吸う人も少なくなってきたなという印象さえうける。

というより、私が親しい人は、当然タバコなどという”負け犬グッズ”は携帯していないはずだ。

しかし、以前にも増してオレに「喫煙」を進める人物がいる。

 

彼の名前は・・・・・そうだな!・・・・・

馬顔(うまがお) とでも言っておこうか!

 

今日は仕事のつながりで彼とドライブである。

今日の立場と条件をおさらいしておこう。

  1. 車は私の営業車で、彼は当然私の運転手?
  2. 年は私より彼のほうが2つ上。
  3. 仕事の経験は私のほうが数段上。

 

以上を踏まえて、彼との壮絶なバトルをご紹介しようと思う。

今日は仕事で付き合いのあった人物の送別会である。

彼とはかれこれ10年以上の付き合いになるだろうか。

急なこともあり、今日は仲間内だけの送別会。

一軒目の店から二軒目の店へ移り、盛り上がっているとき、店の向かいにコンビニがあることに気がついた。

 

彼は数年前にタバコを止めた大先輩である。

最後に何か「プレゼント」をしたいと、店の中に入ると、レジ脇に葉巻コーナーが設置してあった。

 

「これだっ!!」

 

と思い、1本数百円はするだろう葉巻を4・5本買い店まで戻った。

最初はためらっていた彼だったが、みんなとの会話に花が咲いたのであろう。

とうとう、火を点けたのである。

私も嬉しくなり、火を点けた。

今の会社に入ってから、いろいろなことを教わったし、最近では二人で飲みに行く機会も多くなった仲だっただけにとても寂しい。

 

葉巻を吸ったことの無い私は、吸い方が良くわからなかったが、タバコとは全く違う感覚だった。

彼がこれから新しい環境に飛び込む「不安」「怖さ」そして「希望」。

新しいものにチャレンジするのにふさわしい「プレゼント」となったはずだ。

 

今度会う時も葉巻を手渡そう。

 

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

早いものでタバコを吸わなくなってから1ヵ月半が経とうとしている。

 

その間、吸いたいと思ったことは無いわけではないが、特別無理なく健康的な生活を送っていた。

しかし、ここに来て「不健康が健康」と豪語していた私の体調がヨロシクナイ。

体の”毒素”が”浄化”されることにより、体重が新記録を更新する事態となってきたのだ。

 

最近はなんだか体が重いし、いつも体がムクレている感じがする。

肩こりもヒドイし、最近では胃の調子も悪い。

タバコを吸わなくなって、かれこれ17日が経過しようとしている。

その間、忘年会、クリスマス、正月と普段より食事の量が多くなる時期を迎えた。

今年の正月は実家に6日ほどゆっくり過ごしたため、食っちゃ寝生活をエンジョイしたのだが、今日家に帰ってビックリ!?

体重が3kgも増えているじゃないか。

自分の中では、久々の「大台に乗った」といっていい体重である。

 

タバコを吸わなくなると太ると良く言われるが、その理由が解ったように思えた結果だ。

やはり、「口が寂しい」のが第一番なのだが、今までは食べなかったお菓子などを食べるようになったのが大きな原因なのだろう。

さらに今回は「正月が重なった」ことでの ダブルパンチ が更なる要因と考えられる。

そんな訳で、今後自分に降りかかってくる問題を整理してみよう・・・

 

今後考えられる選択として以下があげられる。

  1. タバコを辞めて健康になるが、太って成人病となる
  2. タバコを吸って体重を現状維持していくが、肺ガンの恐れが見え隠れする
  3. タバコを辞めて健康となり、食事と運動で3kg戻す

当然、意思の固い私は「3.」を選択し、更に目標体重を55kg以下 と自分に試練を背負わすことで「強じんな意志」が芽生えてくることだろう。

 

今年は逢う人逢う人に「あれっ!なんか痩せたんじゃない!?」と言われてみたり、カガミの前で「オレッて筋肉質だなー」と自己満の世界に浸るのもいいだろう。

 

よって、今年の今日から私は筋肉バカになるを宣言してしまおうと思う!?(by なかやまきんにくん)

でも、何をやったらいいか判らない?

 

あっ!!そういう時は 初代筋肉バカの skierさん に聞いてみるとしよう。

skierさんが出来たんだから、俺にも出来るはず・・・

 

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

今日は、タバコをやめる「メリット」と「デメリット」を考えてみた。

■メリットとして
健康優良児となれる
小遣いが増える?¥270×1.5箱×365日=147825円 ひと月12318円にもなる計算だ
スターバックスコーヒーに入ることができる

 

■デメリットとして
すぐ風邪をひくようになる(健康体による免疫低下)
タバコを吸う人に気を使わせる(友だちが遊びに来づらくなる)※他人のタバコはなぜだか今のところ気にならない
リズムが崩れる(メリハリが無い)
何か口寂しい(アメとかガムを食べるようになった)

 

「メリット」より「デメリット」の方が多いことを期待する精神状態になっている。

もしかして、これって禁断症状の始まりか?

いやな予感がする。「ニコチン欠乏症」について探してみよう・・・

ニコチンは、タバコを吸った瞬間に体内に吸収され、なんと30秒後には血管内に進入し、心臓ポンプによって脳内中や体中の細部血管内を駆け巡ります。

麻薬のように、ニコチンは中枢神経を刺激し快楽と落ち着きをもたらします働きをします。

血中のニコチン濃度が薄まれば、イライラを引き起こし、集中力は低下し、注意散漫に陥ります。

ニコチンを辛い位に欲しがれば欲しがる程に、欲求不満と不安は募り、怒りも込み上げて来るのです。

これが、ニコチン欠乏による禁断症状です。

 

上記を踏まえて考えてみよう。

「イライラ」は多少あるが「集中力」は前より増した気がする。

禁煙によりストレスを 「他の欲」 で補うような生活となってきたのが大きな変化と分析している。

それより、今回の「タバコなんて大嫌い」シリーズを書き続けなければ元に逆戻りしてしまう気持ちが「禁断症状」を抑えているとは考えたくないものだ。

そんなわけで、これからどんな挑戦もオレは受ける。

どんな誘惑もどんな誘いも打ち勝つであろう。

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

タバコをやめようとした理由が特別あった訳ではない。

 

「健康のために」とか「お金が上がるから」とかぜんぜん気にしないタイプである。

考えられるとしたら、喫煙者の居所がドンドン狭められている社会に 文句 を言うのが疲れたことぐらいではないだろうか。

それより、一番大事なことは「強い意識も持ってやめられるか!」にあるのではないかと思う。

 

一度決めたことは曲げない。それが強い意志と思うのだが、そう滅多に決めることもほとんど無い。

なぜかというと、負ける勝負はハナからしないからである。

 

しかし、今回は誰に勝つのか?誰と勝負するのか?

 

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

今日は、今年最後の大事な仕事である。

 

取れば査定をあげてもらい、取れなければ、その出来事すら闇に葬ってしまえばいいだろう。

もし取れたら、お祝いで「タバコ1箱プレゼントキャンペーン」の期間中である。

 

是非ともゲットしておきたいが、そんなに簡単なことではない。

 

しかし、なぜだか今回はヤケに自信がある。

そうだ、タバコをやめたから、神様からご褒美をいただけるに違いない。

さあ勝負の行方は・・・

 

ヾ(@^▽^@)ノ おおー!!キタカー!!

 

(ToT)/~~

 

神はまだ、オレを認めてはくれないらしい・・・

 

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

昨日にひきつづき、タバコは吸っていない。

 

まだ2日目だが、今日の飲み会が、自分自身の気持ちの強さを確かめるには絶好のシチュエーションである。

楽しいひと時の中で、タバコをやめた人、またタバコを吸い始めた人など様々な話を聞いた。

その中で、タバコをやめて2ヶ月の石さんをまずは目標として捉えることとした。

それは、虎石さんにやれてオレがやれないことは無いと思っているからである。

 

ただ実績では、4ヶ月もの期間やめていた 国岩さん を目標としてもいいのだが、もらいタバコをしているうちに吸い始めてしまった岩ちゃんは、すでに開けているタバコが一つと予備のストックを一つ持つという、最悪のリバウンド王となっていた。

 

ああはなりたくないものだ。一瞬北斗の拳の「トキ」を思い出した。

 

彼は廃人のように、白髪が増えたようだ。

 

それにしても、今日は一つ発見があった。

タバコを止めたと意識した瞬間から、体中の全神経はタバコに釘付けとなり、意識が集中し始めるのです。

タバコの銘柄によって匂いが違うことがハッキリ分かった。

 

私が吸ってた「マイルドセブン系」の香りはやっぱりいいねー。

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

いろいろなことが重なって、このたびタバコを止めることにした。

自分自身にプレッシャーを掛けることになるので、本当はひっそり禁煙に取り組んで行こうと思ったのだが、このブログで告

知することにより、より強固な決断となることだろう。

 

ただ、明日は今年最後の「忘年会」である。

そこの場所でも、どうどうと「禁煙」したと言ってみよう・・・

 

【2005年12月19日18時15分に吸ったタバコを最後にして禁煙しています】

ADs by Google

アーカイブ

最近のトラックバック