久しぶりに依頼がやってきた。

依頼者は会社の「M山」である。

依頼内容はなんてことは無い、OSとビジネスツールのインストールである。

過去の実績から言っても超がつくほど最低ランクの仕事だ。

しかし、作業期間をやたらと聞いてくる。

どうやら何かに使いたいようだ。

作業として1時間程度と伝えると「ホッ!」とした様子が電話の向こうからも伝わってくるようだ。

最近では、ちょっとしたことでも、サポートセンターに依頼が来るようになった。

これからは、仕事を選ぶようにしよう。

今日は、市内の講習会へ行って来た。

午後の講習会まで数時間余っているので、どう時間を潰そうと考えていたら、何やら近づいてくる人物がいる。

そう、今回の患者さんの kingくんだ。

彼とは付き合いが長く、何をやらしてもソツなく、すばらしい働きをする人物に見えるのですが、ことパソコンに関して言うと、小さな子供に見られるような「ヤッテヤッテ君」「クレクレ君」、更には「おねむちゃん」に成り下がってしまうから、手のかかる子供です。

 

そんな kingくんのパソコンが数日前からネットに繋がらなくなったと、何かを期待するかのように必死に訴えかけてきます。

20061003-01.jpg
先日に引き続き、サポートセンターの模様をご紹介しましょう。

サポートセンター 暴走特急現る

 

私のアドバイス通り、パソコンを返品した所までは上出来の展開。

しかし、それに変わる新しいパソコンをチョイスしてあげなくてはいけないのですが、パソコン試験を申し込んでしまってるので、試験日まで期間が無いのと、中古パソコンは、行ってすぐ買えるものでもありませんので、値段と時間を考えなければいけません。

 

よって、今回は、家に眠っていたパソコンを急遽復活させて自宅訪問です。

 

全て設定済みのパソコンですので、何も迷うことなく作業が進むはずです。

さあ、久々のサポートセンターの出動です。

今回の患者さんは、ちっこ(嫁さん)の親友で最近札幌に来た方です。

パソコンに関しては大変向上心があり、購入意欲も十分あるのですが、何から始めていいか判らず、自分自身で頭をフル回転させて出来るだけのことをやってはみたが、その先が見出せなくなり、当サポートセンターに依頼が入った。

一般的なパソコン初心者さんで、症状としては「暴走特急」と言った具合です。

 

あと、数日遅ければ間違いなく「沈黙の○○○」になっていたでしょう。

20060926-01.jpg
今、ネット上で話題のYou Tube(ユーチューブ)をご存知だろうか!

 

「YouTube」は、ユーザが投稿した動画を配信するアメリカの最王手のサイトです。

今年4月に発表されたプレスリリースによると毎日35,000本のビデオが投稿され、毎日3,500万の投稿ビデオが再生されているらしいです。

しかし著作権に関しては???という感じですが、音楽が mp3 として爆発的な人気となった時の現象と似ていますね。

 

ただ見ているのも楽しいですが、登録(無料)するとアップロード出来るようなので、実際にやってみました・・・

Photos

  • 125751744980616312135.JPG
  • 2009_nenga.jpg
  • sunbird04.JPG
  • sunbird03.JPG
  • sunbird01.JPG
  • 20080218-12.jpg
  • 20080218-11.jpg
  • 20080218-10.jpg
  • 20080218-09.jpg
  • 20080218-08.jpg

ADs by Google

アーカイブ