今日は、生まれてはじめて バリューム を飲む日です。

数年前、胃カメラを飲んだ経験はあるのですが、私の行っている健康診断ではバリュームは35歳以上。

35歳になって、一番最初に思ったことは、「今年からバリュームだー」という切なさと年齢への逃避。

まわりからは、

「ゲップを我慢するのがキツイんだー!」 とか 「機械の上でグルングルン回されて酔っちゃって吐くかもよ!」

など、良い話が一つも無い。

20060910-01.jpg
子供たちは、「マック」や「ケンタ」が食べたいと言っていますが、それを食べたつもりで私のお小遣いの足しにするべく、昼食は自慢のチャーハンです。

 

初めの頃は、中華ナベにくっ付いたり、出来てもベタついて美味しくなかったですが、今では、子供たち評判の料理となりました。

 

簡単ではありますが、忘れないためにまとめておきます。

でも、一番大事なところは教えることは出来ませんのでご了承下さい。

20060830-01.jpg
今年4人目の患者さんがやってきました。

かれこれ累計で20名ほど見ていますが、今回の方の症状は以下の通りです。

品名:NEC VersaProR(ノートパソコン)

年式:03年、Pem4_2.0、OS_WinXpPro

症状:全く起動しない

治療:OS、ドライバーの設定、アプリのインストール

全治:6時間程度

要望:とりあえず普通に使えるようにして!

備考:付属品なし

昨日は家族に料理を振る舞った。

料理といっても、「なすび焼き」に「麻婆茄子」という、ナスのフルコースとも言いがたいメニューである。

麻婆茄子を作る時には、いつも以上に神経を研ぎ澄まなくてはならない。

それは、中華は「火加減」と「手早さ」が第一と自分に言い聞かせてるからだ。

 

中華なべに、少し多めの油をひき。

 

茄子 → にんじん → ピーマン → マーボ茄子のもと(笑)

 

を順番に入れていき、強火で一気に炒める。

茄子の水切りが少し早かったのだろう。

手に油が跳ねたようだ。

しかし、神経を研ぎ澄ましている間は熱さなど感じはしない。

 

次の日・・・

kenwood.jpg
とうとうアンプを購入しました。

KENWOOD KAF-5002

「挑戦者シリーズ第4弾 パソコンの音を良くしたい(調査編)」からかれこれ5日ぐらいたったでしょうか?
中古ということもあり、傷だらけでしたが本格的なアンプのようです。

格安の商品ですから期待してませんでしたが、製造年は1998年ぐらいで当時はシステムコンポとしてセットで20万近くする商品で、アンプ単体でも5・6万円する本物志向の商品だったようです。

Photos

  • 125751744980616312135.JPG
  • 2009_nenga.jpg
  • sunbird04.JPG
  • sunbird03.JPG
  • sunbird01.JPG
  • 20080218-12.jpg
  • 20080218-11.jpg
  • 20080218-10.jpg
  • 20080218-09.jpg
  • 20080218-08.jpg

ADs by Google

アーカイブ